1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 銀価格相場6月3日~6月7日週を一部解説

BLOG

ブログ

未分類

銀価格相場6月3日~6月7日週を一部解説

MBA・FPオフィスALIVE代表の國弘泰治です。

今日は先週の銀相場について振り返っていきます。

先週は、6月3日と6月5日については下落していますが、それ以外の日については上昇しています。

一番下落したものについては8円の下落でしたが、米製造業受注については市場予想を上回る結果であったものの、日本政府と日銀が総額9兆7885億円を投じて為替介入が過去最高であったことも挙げられるのではないかと考えています。

一番上昇したのが6月7日の166円で+8円になったのは、ヨーロッパ中央銀行の政策金利が引き下げになったことも要因ではないかと考えられます。

銀価格の上昇や下落に関しては、景気が後退すると工業用の需要が減少しやすくなるため、景気が悪くなり、銀の価格も下落していくようになります。

先週は、6月3日と6月5日については下落していますが、それ以外の日については上昇しています。

一番下落したものについては8円の下落でしたが、米製造業受注については市場予想を上回る結果であったものの、日本政府と日銀が総額9兆7885億円を投じて為替介入が過去最高であったことも挙げられるのではないかと考えています。

一番上昇したのが6月7日の166円で+8円になったのは、ヨーロッパ中央銀行の政策金利が引き下げになったことも要因ではないかと考えられます。

銀価格の上昇や下落に関しては、景気が後退すると工業用の需要が減少しやすくなるため、景気が悪くなり、銀の価格も下落していくようになります。

詳しい解説についてはこちらで確認できればと思います。

2024年6月3日週 | 銀(シルバー)相場の価格推移 | 銀(シルバー)の高額買取と相場価格は「なんぼや」 (nanboya.com)

後監修については、銀価格については専属で行っているのでできませんが、その他の為替についてのものや海外投資やオフショア投資の執筆や監修についても対応しております。

連絡については以下のメールアドレスまでお願いいたします。

alive.kunihiro@gmail.com

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事